2005年11月29日

ロナウジーニョ、バロンドール受賞

仏『フランス・フットボール』誌は現地時間28日(以下現地時間)、2005年度の欧州年間最優秀選手(バロンドール)にバルセロナ(スペイン)所属のブラジル代表FWロナウジーニョ(25)を選出した。ロナウジーニョは初の受賞だが、昨年12月に輝いたFIFA年間最優秀選手、今年9月の国際プロサッカー選手協会連盟・年間最優秀選手に続き、年間表彰の“ハットトリック”となった。

 授賞式の壇上に立ったロナウジーニョは、「夢が叶った。これまでこの賞に輝いてきた偉大な選手たちと肩を並べることができて光栄に思う。今後も彼らと同列に扱ってもらえるよう一生懸命プレーしたいし、この賞がその励みになる。サッカーという自分の一番好きなことを仕事にできた。これからも自分が楽しむとともに、多くの人々をハッピーにしたい」とスピーチし、ボールをかたどった黄金のトロフィーにキスをした。

 バロンドールはヨーロッパ各国の記者による投票で選出され、ロナウジーニョは225ポイントを集めた。第2位はチェルシー(イングランド)の大躍進に貢献したMFフランク・ランパード(148ポイント)、第3位はリヴァプール(イングランド)がチャンピオンズリーグで優勝する原動力となったMFスティーヴン・ジェラード(142ポイント)。4位がFWティエリ・アンリ(41ポイント/アーセナル:イングランド)、昨年受賞のFWアンドリー・シェフチェンコ(ミラン:イタリア)は33ポイントで5位だった。
posted by むっちゃん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。