2005年11月18日

スイス、トルコ下して3大会ぶりW杯へ

2006年W杯予選プレーオフは現地時間16日(以下現地時間)、セカンドレグが行なわれ、スイスとトルコの対戦は、トルコがトゥンカイのハットトリックなどで4対2と勝利を収め、2試合合計スコアでは4対4と並んだものの、スイスがアウェイゴールの差で上回り、3大会ぶり8度目となるW杯出場を決めた。

 試合が動いたのは、開始わずか1分だった。トルコDFアルパイがエリア内でハンドを犯してスイスにPK。これをフレイがきっちりと沈めて均衡を破る。ファーストレグで2対0とリードを奪っているスイスが、さらにアウェイゴールを加えたことで圧倒的な優位に立ったかと思われた。

 しかし、ここからホームのトルコが猛反撃。22分、エムレのFKからトゥンカイがダイビングヘッドを突き刺して1点を返すと、36分にも再びトゥンカイのヘッドで追加点。さらに52分、セルハト・アキンが倒されて獲得したPKをネジャティが決め、ついに2試合合計スコアでも3対3と同点に並ぶ。アウェイゴールで下回っているためにもう1点必要なトルコはさらに猛攻を繰り出すも、84分、前がかりになった隙を突かれる形でスイスFWシュトレラーに決められ痛恨の失点。終了間際に三度トゥンカイが決めてこの試合を4対2と制したものの、2試合合計スコアは4対4。W杯への切符は、アウェイゴールで上回ったスイスのものとなった。

 激戦の末に12年ぶりとなるW杯出場を決めたスイスのクーン監督は、「トルコが普段とは違って、イングランドスタイルのプレーをしてきたのは想定外だった。この試合の教訓は、将来の糧となるだろう」と振り返った。一方、トルコのテリム監督は、「よく反撃したと思うが、審判の判定には疑問が残る。失点はふたつとも集中力を失ったところで決められてしまった」と話していた。

 なお、試合終了後、控え室へ戻る途中で両チームの選手が小競り合いを起こし、試合には出場していないスイスDFグリシュタンが病院に運ばれるという騒ぎがあったと伝えられている。
posted by むっちゃん at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。