2005年11月17日

オーストラリア、74年以来2度目のW杯出場を決める

現地時間16日(以下現地時間)、オーストラリアとウルグアイによる2006年W杯予選大陸間プレーオフのセカンドレグが行なわれ、2試合合計スコア1対1の同点で迎えたPK戦を4対2と制したオーストラリアが、1974年大会以来となる2度目のW杯出場を決めた。

 アウェイでのファーストレグを0対1と落としていたオーストラリア。この日は立ち上がりから動きが硬く、レコバのセットプレーなどからウルグアイに危険なシーンを作り出される。この状況を見てか、ヒディンク監督は30分を過ぎたところで早くも選手交代を指示。イエローカードを受けていたDFポポヴィッチに代えて、MFキューウェルを投入すると、この采配がいきなり功を奏す。35分、ピッチに入ったばかりのキューウェルが左サイドからエリア内に進入してシュート。ボールはうまく足にヒットしなかったものの、そこに詰めたブレッシャーノがゴールネットを揺らし、2試合合計1対1の同点に追い付く。

 この後は90分、そして延長戦を終えてもスコアは動かず、決着はPK戦へ。互いに4人を終えたところで、後攻のウルグアイがGKシュワルツァーに2本止められていたのに対し、先行のオーストラリアは3人が決めてリード。そして5人目のアロイージが確実にゴールネットを揺らし、8万人の観衆の前で、4年前のプレーオフでは敗れたウルグアイに雪辱を果たすとともに、悲願のW杯出場を決めた。

 「我々はわずかな期間しかともに過ごすことができなかったが、選手たちは本当によくやったと思う」と語ったヒディンク監督。98年W杯ではオランダを、2002年W杯では韓国をベスト4に導いた名将は、PSV(オランダ)の監督を兼任しながら7月にオーストラリア代表の指揮官に就任し、わずか4カ月ほどでチームを偉業達成に導いた。
posted by むっちゃん at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9438159

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。