2005年11月14日

スペイン、W杯出場ほぼ決定

2006年W杯予選プレーオフは現地時間12日(以下現地時間)、ファーストレグの5試合が行なわれ、スペインはマドリーでのファーストレグでスロバキアに5対1と大勝。リヴァプール(イングランド)所属のMFルイス・ガルシアがハットトリックの活躍を見せ、8大会連続のW杯出場に向けて大きく前進した。

 先発起用されたルイス・ガルシアは10分、シャビのCKにヘッドで合わせて先制ゴールを挙げると、18分にも再びシャビのアシストから冷静にネットを揺らし、期待に応えてみせる。一方のスロバキアは2点のビハインドを背負った上に、ガリス監督がルイス・ガルシアの2点目がオフサイドだったとアシスタント・レフェリーに猛抗議して退席処分となり、最悪な立ち上がりを迎えてしまう。

 スペインはその後も追加点のチャンスを迎えたものの、ラウル、F・トーレス、レイェスがいずれも決められない。するとスロバキアも49分、後半からピッチに立ったネメトがルイス・ガルシアの不用意なバックパスを逃さず1点を返す。

 それでもスペインは65分、ルイス・ガルシアがエリア内でDFクラトフヴィルのハンドを誘い、このPKをF・トーレスが決めて、再び2点差とした。スロバキアにとって悔やまれるのが、PKの判定に抗議したDFハドが2枚目のイエローカードで退場処分となり、その後は10人での戦いとなったこと。

 数的優位に立ったスペインは74分、途中出場のビセンテのパスを受けたルイス・ガルシアがハットトリックを達成し、4対1。さらに79分には、ルイス・ガルシアに代わったモリエンテスが、同じくビセンテのクロスから得意のヘッドで5点目を挙げた。

 スロバキアでは退場処分を受けたハドに加え、キャプテンのMFカルハンも累積警告で16日のブラチスラバでのセカンドレグには出られない。

 スペインのアラゴネス監督は「本大会出場に向けて、大きな前進となったね。100%の力を出してプレーして、すべてをかけて臨んだときのスペインは強いんだ。今日はそれを証明できた」と喜んだ。

 一方、スロバキアのガリス監督は「結果ではなく、負け方にガッカリしている。残念なことにスロバキアは小さな国で、(レフェリーを含めて)12人の相手には敵わない」とレフェリーへの不満を口にしていた。
posted by むっちゃん at 07:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/lllas_prf/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/lllas_prf/?mode=edit&title=%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3FX%3F%7C%3F%5B%3Fc%3F%3F%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fspotrs%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/lllas_prf/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2005年11月16日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。